日語朗讀:王さまと靴屋

著者:新美 南吉 読み手:網野 嘉代子

ある日、王さまはこじきのようなようすをして、ひとりで町へやってゆきました。 町には小さな靴屋くつやがいっけんあって、おじいさんがせっせとくつをつくっておりました。 王さまは靴屋くつやの店にはいって、「これこれ、じいや、そのほうはなんという名まえか。」とたずねました。 靴屋くつやのじいさんは、そのかたが王さまであるとは知りませんでしたので、「ひとにものをきくなら、もっとていねいにいうものだよ。」と、つっけんどんにいって、とんとんと仕事をしていました。「これ、名まえはなんともうすぞ。」とまた王さまはたずねました。「ひとにくちをきくには、もっとていねいにいうものだというのに。」とじいさんはまた、ぶっきらぼうにいって、仕事をしつづけました。 王さまは、なるほどじぶんがまちがっていた、と思って、こんどはやさしく、「おまえの名まえを教えておくれ。」とたのみました。「わしの名まえは、マギステルだ。」とじいさんは、やっと名まえを教えました。 そこで王さまは、「マギステルのじいさん、ないしょのはなしだが、おまえはこの國の王さまはばかやろうだとおもわないか。」とたずねました。「おもわないよ。」とマギステルじいさんはこたえました。「それでは、こゆびのさきほどばかだとはおもわないか。」と王さまはまたたずねました。「おもわないよ。」とマギステルじいさんはこたえて、くつのかかとをうちつけました。「もしおまえが、王さまはこゆびのさきほどばかだといったら、わしはこれをやるよ。だれもほかにきいてやしないから、だいじょうぶだよ。」と王さまは、金の時計をポケットから出して、じいさんのひざにのせました。「この國の王さまがばかだといえばこれをくれるのかい。」とじいさんは、金づちをもった手をわきにたれて、ひざの上の時計をみました。「うん、小さい聲で、ほんのひとくちいえばあげるよ。」と王さまは手をもみあわせながらいいました。 するとじいさんは、やにわにその時計をひっつかんでゆかのうえにたたきつけました。「さっさと出てうせろ。ぐずぐずしてるとぶちころしてしまうぞ。不忠者ふちゅうものめが。この國の王さまほどごりっぱなおかたが、世界中にまたとあるかッ。」 そして、もっていた金づちをふりあげました。 王さまは靴屋くつやの店からとびだしました。とびだすとき、ひおいのぼうにごつんと頭をぶつけて、大きなこぶをつくりました。 けれど王さまは、こころを花のようにあかるくして、「わしの人民じんみんはよい人民だ。わしの人民はよい人民だ。」とくりかえしながら、宮殿きゅうでんのほうへかえってゆきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

免責聲明:本文僅代表文章作者的個人觀點,與本站無關。其原創性、真實性以及文中陳述文字和內容未經本站證實,對本文以及其中全部或者部分內容文字的真實性、完整性和原創性本站不作任何保證或承諾,請讀者僅作參考,并自行核實相關內容。

http://image99.pinlue.com/thumb/img_jpg/oudDlZiciacXm6EmN6D17Dc7M5FhoC1hibrLND63KnXVK0NMkyMSEia0UwSEOYlHxBha0KDb0RZAC1Tp5Anraw3WIg/0.jpeg
分享
評論
首頁
好男人资源视频-好男人资源-有人有片资源吗免费的